アフターピルは、女性を「望まない妊娠」から守る最後の砦です。
心身の健康を保つ為にも常備しておきたいところですが、取り扱いが難しいことから市販はされていません。
このサイトでは、実際にアフターピルの使用経験を持つ管理人が、
アフターピルの購入方法や注意事項についてまとめています。
一人でも多くの女性の力になれたら嬉しいです。

アフターピルとは?

アフターピル(緊急避妊薬)は、女性の妊娠確率を大幅に下げるお薬です。
妊娠を望んでいない女性が、妊娠する可能性のある行為をしてしまった際に服用します。
毎日服用することで効果を発揮する低用量ピルと比べて、配合されている有効成分の量が多い為、
効果も副作用が生じる可能性も高いのが特徴です。

市販薬ではありません

コンビニや薬局などの店頭で「アフターピル」の文字を見かけたことはないかと思います。
アフターピルは市販されているお薬ではなく、医師の処方せんを提示しなければ購入できない製品なのです。
便利なものなのに、どうして市販されていないのでしょう?

まず、先述したように、アフターピルは効果も副作用が生じる可能性も高いので、取り扱いが難しいです。
専門の医師に必要性を判断してもらい、その上で使い方や注意事項などの説明を受けた方が、安心して使用できます。

次に、誰でも手軽に購入できるようになってしまうと、「何か問題があっても女性がピルを飲めば良い」という思想の下で配慮のない性行為をする方が増えることが懸念されます。
性犯罪の助長にも繋がりかねない為、市販薬としての導入も慎重に検討されているのです。

また、同様の思想によって避妊具(コンドーム)の使用率が低下し、性感染症の被害が拡大する可能性も指摘されています。
避妊具の使用は、着床だけでなく性感染症の対策にもなるので、互いの健康を守る為にもきちんと使用していきたいところですね。

購入方法について

市販されていないのなら、どうやって購入すれば良いのでしょうか?

①病院・クリニック

基本的には、専門の医師がいる病院やクリニックで相談しましょう。
婦人科もしくは産婦人科で診察を受け、必要性が認められれば、アフターピルの購入に必要な処方せんを発行してもらえます。
ただし、性行為や妊娠は病気ではなく、ピルの使用も治療目的とはみなされないことから、保険が適用されません。
全額自費負担となりますのでご注意ください。

オンライン処方の場合も、診療してくれる医師は厚生労働省が指定する研修を受けたプロの方です。
落ち着いて状況を伝え、適切な指示を仰ぎましょう。

②薬局

処方せんがあれば、受診した病院やクリニック以外の薬局でもお薬を購入できます。
薬局にはお薬のプロである薬剤師の方が常駐しているので、不安や疑問は購入時に尋ねてみてください。
きっと力になってくれるはずです。

2023年11月から2024年3月にかけて、一部の薬局でアフターピルの試験販売が実施されました。
購入時のハードルを下げた場合に、どのような利点や問題点が出てくるのかを検証する為です。
この取り組みを経て、ひょっとすると今後、アフターピルの市販が前向きに検討されることになる可能性もあるかもしれません。

③個人輸入

処方せん不要で購入できる裏技として、海外医薬品を取り寄せるという方法もあります。
個人輸入と呼ばれる手法であり、外国でのみ承認されているお薬を、日本に居ながら受け取ることが可能です。
欲しいお薬の在庫を抱える現地の言葉が分かるのであれば、ご自分で直接手続きを進められますが、 難しい場合には個人輸入代行サイトを利用すると良いでしょう。
海外との煩雑な手続きを代わりに進めてくれるので、国内の通販サイトと同じ要領で海外医薬品を購入できます。
ただし、医薬品の個人輸入には危険が伴う為、事前にしっかりとご確認ください。

参考サイト:厚生労働省「医薬品等の個人輸入について」

個人輸入のココに注意!

病院や薬局よりも手軽にアフターピルを購入できる個人輸入。
とても便利ですが、いくつか注意しておきたいことがあります。

早めの準備をしておきましょう

アフターピルは、いつ訪れるか分からない緊急時に必要とされるものです。
しかし、海外通販は届くまでに時間がかかります。
利用するサイトや注文時期によってバラつきはありますが、およそ数週間ほどかかるのが一般的なようです。
緊急時にすぐ飲めるよう、早めに注文して常備しておくと安心ですね。

副作用への対策を万全に

それから、アフターピルは服用後に強い吐き気に襲われるケースがあります。
身体が成分を吸収する前に吐いてしまった場合、飲み直しが必要です。
ただ、アフターピルは基本、1箱につき1回分の錠剤しか同封されていません。
個人輸入ではまとめ買いに対応していることも多いので、できれば数回分を購入し、手元にストックしておきたいところです(お薬の使用期限に注意しましょう!)。

使用は全て自己責任です

最後に、個人輸入は全て自己責任の下で行う裏技であることをご理解ください。
飲み方、効果、副作用、偽物の可能性など、使用後に何か問題が起きても誰も責任を取ってはくれません。
厚生労働省や医療機関が警告しているように、なるべく正規のルートで購入する方法を検討した方が良いかと思います。
貴女の身体を最後まで守りきれるのは、貴女だけなのですから。